里神楽とは

 上方から関東に流れてきた里神楽は、その後江戸を中心に発展し、後に相模地方にも伝えられました。 神奈川県厚木市愛甲の地で、神を奉る舞を生業とする神官(神事舞太夫)であった萩原家がこれを伝え、愛甲神楽と名付け、神社奉納の神事として盛んに演じられていました。
 しかし、三軒あった神楽の家元も時代の流れと共に衰退しました。そのような厳しい状況下の中、萩原家と婚姻関係にあった垣澤家が、第二次大戦中も連綿と受け継ぎ、戦後発展に尽力し、相模流を今日に伝えるに至っています。

 初代、垣澤鹿造は綾瀬市寺尾の本間平太夫から神楽を学び、明治45年(1912)から相模里神楽垣澤社中として神楽を始めました。
 二代目を継いだ常蔵の時代には、昭和46年に厚木市の無形民俗文化財の指定を受け、昭和58年に市民文化賞を受賞しました。
 現在は三代目の勉が家元を継承し、地域の青少年への神楽の指導を行いながら、社中一丸となって大切な無形文化財の保存に努めています。
 また、三代目家元娘の瑞貴が指導する「みずき会」が新たに設立され、後継者育成により力をかけたプロジェクトを実施しております。

垣澤社中1   垣澤社中2

相模里神楽 垣澤社中